教育 食事 食育

【食育】「いただきます、ごちそうさま」の本当の意味とは

投稿日:2019年2月15日 更新日:

食事の前や終えた後にするいただきます』『ごちそうさまの挨拶。

小さな子どもにも、『はい、おててをパッチんして、いただきます!』と教えると、しっかり挨拶をして食事を始めますね。

では、『いただきます!ごちそうさま!』の挨拶はなぜするのか??と、もしも子どもに聞かれたとき、あなたは、しっかり説明することができますか?

『いただきます!ごちそうさま!』にはどんな意味があるのでしょうか?

ここでは、『いただきます』『ごちそうさま』の語源由来本当の意味について書いていきます。

 

 

いただきます

諸説ありますが…

『いただきます』は、漢字にするならば頂きます』になります。"頂き"とは頂上を意味します。

神様へお供えした物を食べるとき、敬意を表するために、その物を頭上(頂)に高くささげるような動作をしたことから、「いただき」が「いただく・もらう」の意味で使われるようになったとされています。

そして、「食べる」「飲む」の謙譲語として用いられるようになりました。

食事のあいさつとして使われている『いただきます』ですが、敬意を表する言葉で、現在では肉や魚、野菜も含め、食材全ての「命」そのものに向けた感謝の言葉とされています。

また、食材を育てたり獲ったりした人、食事を作ってくれた人に対する感謝の気持ちを込めた言葉ともされています。

 

 

ごちそうさま

ごちそうさまは漢字で『御馳走様』となります。馳走は『駆け走る』ということですが、馳せる(はせる)には、"速く走る"という意味があります。

昔は食事を用意するために、馬を走らせ食材を集めたこと、さらに人々が走り回って食事を用意することから、この馳走という言葉が用いられ、丁寧語のがついて御馳走様になりました。

昔に比べると、食材を調達することや調理することが便利になった現代でも、食事には、食材を育て収穫する人運搬する人販売する人調理盛り付けする人など、たくさんの人が携わっています。

そんな人々の働きに感謝を表して使う言葉と言えます。

※地域や宗教によっては、"いただきます"に合わせて、『御馳走様』を"いただきました"という事もあるようです。

 

 

絵本で学ぼう『いただきます』『ごちそうさま』

いただきますあそび (あかちゃんのあそびえほん) :偕成社 木村裕一(著)

 

 

 

 

 

 

0・1・2才児向
動物たちの“いただきます”のしぐさをくりかえしみているうちに、食事のマナーが楽しくおぼえられます。

 

もったいないばあさんの いただきます:講談社 真珠まりこ(著)

 

 

 

 

 

 

 

2歳児以降向
食べるということは、命をいただくということ。食べものを残さずありがたくいただくことの大切さがわかる、いい本です。食育に最適ですね。

 

いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 :講談社 内田美智子(著)

 

 

 

 

 

 

小学生向
何気なく食べている食材全て【いのち】をいただいていると言う感謝の気持ちを育むよい本です。大人にも是非読んでほしい一冊です。

まとめ

『いただきます』『ご馳走様』食事のたびにこころを込めて、食材や携わってくれた人たちに感謝をすること

日本の文化としても、子どもたちには、きちんとその意味を伝えていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
アバター

カワウソのママ

-教育, 食事, 食育
-, , , ,

Copyright© gurumii ぐるみぃ , 2019 All Rights Reserved.