ライフスタイル 食事 食育

手づかみ上手は食べ上手?!〜乳児期の手づかみ食べの重要性〜

離乳食も終わりに近づく頃には、子どもが自分で食べたい!と、スプーンを握ったり、手づかみで食べ物を口に運んだりします。忙しいお母さんやお父さんにとっては、衣服や周りが汚れてしまい食後の片付けが大変になるから嫌だなぁ...とか、時間がかかるから...と思われがちですが、子どもの手づかみ食べには、その後の成長につながる、軽視できないとても重要な役割があるんです!

手づかみ食べの役割

手づかみしながら食べ物を知る

子どもはまず、自分の目の前に出された食べ物を目で確認し、手で触りながら、大きさ、固さ、温度を確かめています。手づかみを経験するうちに、柔らかい食べ物や固い食べ物をどのくらいの力で持ったらいいのかも学びます。

 

口に運ぶ感覚を養う

手で掴んだ食べ物を皿から口まで運ぶのに、どのくらいの距離があるのか、どのタイミングで口を開けるのか、目と手と口の動作をうまく連動させながら、上手に食べるようになります。口に入れる適量を覚え、上手に噛んで飲み込むことにも繋がります。

手指の発達を促す

子どもは産まれてから何ヶ月間か、グーの手が得意だったのですから、グー・パーや、指しゃぶりをするようになってからも、手づかみといえば、最初は指と手のひら全体で大きく物をつかみます。​手づかみ食べを何度も繰り返すうちに、指が少しずつ発達して、それぞれの指がバラバラに動くようになり、親指と人差し指で物を挟んだり、その他の指を上手に使って小さなものも掴めるようになっていきます。
この手指の発達こそが、脳の発達や、その後スプーンやフォーク、箸等の食具を上手に使いこなすためには、とても重要なのです。

手指の発達を促すような乳児用おもちゃがたくさんあるのは、このためでしょう。

gurumiiオススメ!

海外の幼児向けおもちゃを買うことができるECサイト”スタートスプーン”

自分で食べようとする気持ちが育つ

自分で手づかみしながら食べるうちに、食への好奇心が芽生え、誰かに与えられるのを待つのではなく、自分で食べようとする気持ちが育っていきます

手づかみ食べの進め方

進め方といっても難しいことはありません。普段の食事にひと工夫するだけです。

食材や食器の工夫

手づかみしやすいように、

・ごはんを一口大のコロコロおにぎりにし、手で触ってベタベタしないよう胡麻や青のりやふりかけをまぶしたり...

・小さくカット(1.5〜2cm角)した海苔でごはんを一口分づつ挟んだり...

・パンや野菜を持ち易いスティック状にカットしたり...

(まだ手指が器用に動かせないうちは、小さすぎる物は掴みにくいので、野菜を少し大きめにカットし、時間をかけて柔らかく茹でたり煮たりするといいでしょう)また、この時使用するお皿は、少し大きさにゆとりがあるプレートや、食べ物が横滑りしても外に溢れにくい、縁があるタイプのものが適しています。

・汁物は子どもが手で持てるよう、軽くて持ち手のついたコップのようなものに半分くらいの分量で、なるべく具は少なめ小さめに...


そして、使うことがなくても、必ず一緒にスプーンやフォークを置いておくのも忘れずに!スプーンや箸に移行する時期は、各々違い、食への意欲や手の発達状況によって個人差があります。上手くいかずに子どもがグズグズして嫌がったり、甘えたりする時は、無理強いはせず、大いに手助けしてあげてください。焦らずに子ども自身のペースで進めてあげましょう。

 

空間づくり

まず食事に集中できるように、テレビやおもちゃ等は子どもの視界から遠ざけます。

座るイスは、座った時に子どもの足が宙に浮かず、足の裏がしっかりつけるタイプの物が適しています。

それから、なるべく汚れてしまってもいいような服装、または汁が溢れても気にならないよう、ビニール製のエプロンやスモックを着せて...子育てベテランママからよく聞く話、夏場はオムツのみ裸ん坊で食事をし、食後はそのままお風呂に直行〜!といった家庭もあるようです。

我が家では、食べ物が溢れてしまった時、後片付けがしやすいようにフローリングに新聞紙やレジャーシートをひいたりしていました。汚れても片付けしやすいような場所で、親子共にストレスなく進めていきましょう。

また、食欲がなく途中で飽きてしまったり、食べ物で遊び始めてしまい注意してもダメな時は、思い切って食事終了にします。

子どもが食事に集中できる時間はわずかです。食べ始めて15分から20分、長くても30分を目安にしましょう。

まとめ


ここでは、手づかみ食べについて説明しました。

最後に...

焦らず、他人と比べず、子ども自身の成長に合わせて進めていくこと。そして何より、親子共に楽しく食事をすること!!

一生涯続く【食】ですから、生スタート地点の乳児期に、食事の楽しさや喜びを感じられる・学べる環境づくりが何より大切なのではないでしょうか。

参考資料

1、https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0314-17c.pdf

授乳・離乳の支援ガイド(平成19.3.14版)

2、https://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/02/dl/s0219-4a.pdf

楽しく食べる子どもに~食からはじまる健やかガイド~(厚生労働省雇用均等・児童家庭局)

【関連】(予定)

*キッチンを子育ての場に!

*おままごとが子どもを成長させる?! (身近なことや物で身体発達を促す方法

  • この記事を書いた人
アバター

カワウソのママ

-ライフスタイル, 食事, 食育
-, , ,

Copyright© gurumii ぐるみぃ , 2020 All Rights Reserved.